お仕事の流れ

探偵の仕事ってどうやればいいの?
ここでは、探偵の「仕事の流れ」をご紹介します。

宣伝
開業地域のより多くの方から調査依頼が得られるよう、ガルエージェンシーのネームバリューを存分に利用したホームページ・チラシ・看板等、様々な方法で宣伝広告を行います。

問い合わせ
最初から直接相談室へお越しになられるお客様もおられますが、大半は電話かメールでのお問い合わせがファーストアプローチになります。
電話やメールでの回答も可能ですが、詳細な内容をお伺いして感情も理解しながら調査提案や見積りをする方が相談からの信頼を得られる為、面談を行うことをお勧めします。

面談
ご依頼者様からのご相談やお悩みをお伺いし、実際にお会いして詳しくお話を聞けるよう提案します。
面談は通常、2時間ほどの時間を要することが多いです。

契約
お悩みを良く聴いた上で、最善の調査計画をご提案し、同時にお見積もお出しします。
ご依頼者様に納得して頂けたら契約となります。
ガルグループでは無理に契約させるようなことはありません。

予備調査
調査計画に沿って調査を行います。
調査方法は研修にて学べますし、調査応援もありますのでご安心下さい。

提案
あまり多いケースではありませんが、予備調査(下見調査)を行った結果、追加調査の必要が在ればご依頼者様にご提案します。

本調査・結果報告
調査結果を報告書にまとめてご依頼者様に報告します。
「あなたにお願いしてよかった」と言って頂けることに、探偵としてのやりがいを感じるはずです。

追加提案
本調査を行った結果、追加調査の必要が在ればご依頼者様にご提案します。

追加調査・報告
追加調査の内容を報告します。

アフターケア
調査終了後も調査結果を有効活用できるよう、法律相談やアドバイス等も行います。
ご依頼者様が希望される場合、弁護士などの紹介も行っています。

どうでしょう?  少しはイメージしていただけたでしょうか?
慣れるまで最初のうちは少し戸惑われるかもしれませんが、探偵社に問い合わせをされる方は探偵の調査を必要とされる方ばかりです。
仕事の営業をするという感覚よりも、まずは相談や悩みを聞いてあげるという姿勢が宜しいかと思います。
調査提案や見積りの方法などは代理店研修でも講義がありますし、ブロック会議でも頻繁に取り上げられる上、わからないことがあれば、その都度本部やブロック長他、先輩の代理店の方が分かり易く教えてくれます。

このページの先頭へ